20
- 6月
2017
Posted By : fullplatefarms
ゼニカルで生じる副作用と対策のまとめ はコメントを受け付けていません。
ゼニカルで生じる副作用と対策のまとめ

ゼニカルは米国を始め世界各国17カ国で利用されている程ですから、安全性は認められています。重篤な副作用は推奨されている服用方法を守っている限りはでてこないです。しかしながら、軽度な体の変化は出てくるでしょう。今回は【ゼニカルで生じる副作用と対策のまとめ】をご紹介しています。この記事を読んでおけば安心です。

ゼニカルで生じる副作用は?

ゼニカルの配合成分によって体に吸収されない脂肪分があります。これらは便が排出されるまではどうなるのでしょうか?自然に腸内に滞留しています。その結果、排便には油が含まれています。場合によっては油分のみの便が排出されることもあります。

その便は下痢に似た症状になるかもしれません。便意の調整ができなくなることもあります。油分を含んだ便はトイレを汚してしまうこともあります。そして阻害される栄養素は脂質だけではありません。脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・βカロテンなどの吸収も阻害されるので注意をしなければなりません。

これらの症状はゼニカルが効果的に働いている証拠です。心配することはないです。では、どういった対策をしておけばいいのでしょうか?

ゼニカルで生じる副作用への3つの対策とは?

1番目は「トイレ以外での油対策」です。

くしゃみやオナラなどに動作では注意しましょう。予想もしない状態で油が排出されるかもしれません。ナプキンなどを使って下着が汚れないようにしておきましょう。

2番目は「便器を汚さない対策」です。

普通にトイレを使うと汚れるリスクがあります。排便の前にトイレットペーパーを敷いておくといいでしょう。

3番目は「脂溶性ビタミン不足対策」です。

これらの栄養素が不足すると目の疾患や肌荒れになるリスクがあります。マルチビタミンを使ってサポートしておくようにしてください。

関連する記事